ダイエットとリバウンドを繰り返してしまう理由

リバウンドしてしまったせいで、
ダイエットが不首尾に終わってしまう
体験を持つ人は
少なくありません。


リバウンドが起きると、
それまでの取り組みが無意味になってしまうので、
気をつけたいものです。


ダイエットをしてはリバウンドの繰り返し、
ダイエットをはじめたばかりのころよりも体重が
増えてしまったという方もいるのではないでしょうか。


ダイエットをしてもリバウンドの繰り返しという方は、
食事制限ダイエットを行っていることが珍しくありません。


食事制限をして、消費カロリーよりも摂取カロリーが
少なくなれば理論上は痩せることになります。



カロリー制限ダイエットのデメリットとして、
筋肉をエネルギーに変えて消費してしまうことがあります。


人は、何もしていない日でも、
生きていくためにエネルギーを消費します。


このエネルギーが基礎代謝であり、
高いほどダイエットに有効です。


筋肉が少なくなると基礎代謝が下がってしまいますので、
ダイエットがしづらい体質になってしまいます。


基礎代謝が低下した状態でダイエット前の食事に戻せば、
食べたもののエネルギーをうまく消費できず、
あまった分が脂肪として体内に蓄積します。


リバウンドを防ぐためには、
基礎代謝を落とさないようにダイエットをすることがポイントです。


無理な食事制限は筋肉を落とすことになり、
リバウンドする可能性が高くなるので注意が必要です。


筋肉トレーニングを行って筋力増強に取り組みながら
カロリーコントロールをすること
が、リバウンド対策につながります。

ダイエットをする時にはリバウンドの対策が必要

リバウンドは、ダイエットの失敗原因の中でも大きな位置を占めていますので、
あらかじめリバウンドへの備えが重要です。


ダイエットの天敵としてよく知られるのがリバウンドであり、
ダイエットの失敗に直結しているものです。


リバウンドとは、体重をある程度まで減らせたのに、
何かのきっかけで一気に減った体重が戻ってしまったり、
ダイエット前より太ってしまうことです。


ダイエットでどれだけ頑張りを重ねてきても、
リバウンドが起きれば減った体重が元通りになってしまうので、
がっかりします。


ダイエットのために食事を少なくすると、
始めの頃は体重がどんどん減りますが、
ある時を境に体重が減らなくなります。


低下したエネルギー消費量はしばらく維持されるため、
このタイミングでダイエットを諦めて食事量を戻すと、
途端に太ってしまいます。


食事量を少なくすると、
満腹感を感じにくくなる
という性質があります。


食事量を増やした後も満腹感がしばらく鈍るため、
以前よりもたくさんの量を食べすぎてしまい、
リバウンドを起こしやすくなります。


リバウンドを起こしにくいダイエットをするには、
食事制限はほどほどにすることです。


食事などのカロリー摂取量を大幅に減らすと、
体は足りない分を補うために、
いつもと違う反応を示すようになります。


リバウンドを起こさないようにするには、
体に負荷の掛かりすぎないダイエットに取り組む必要があります。


ダイエットした後に食事量を戻す際には食べ過ぎに注意しながら、
時間をかけてゆっくり戻すのが効果的です。

ダイエット リバウンド

ダイエットの成功とリバウンドについて

ダイエットとは体重さえ減らせばいいというものではなく、
リバウンドをしない痩せ方をすることも大事です。


体重さえ減らすことができれば、
他のことは何でもいいというなら、
ダイエットは誰でもできます。


食事内容の管理をきちんとしながら、
運動をしてカロリーを消費すれば体重を落とすことは可能です。


何をすればいいか分かっているという点では、
ダイエットは簡単です。



何をもってダイエットがうまくいったと言えるでしょうか。
体重の変化だけでは、成功にはなりません。


むしろ、ダイエットはリバウンドを防ぎ切って
初めて成功と呼べるもの
なのです。


ダイエットをしていればリバウンドはほぼ起きます。
人間の体は、本来、リバウンドするようにできています。


食事などで得られるエネルギーの量が減ると、
体は非常事態を察知し、
少ない食事で生きていけるように代謝の低い体になります。


自分の意志とは関係なく、
栄養の高いものや太りやすい食べ物に目が行き、
そして欲するようになってしまうのです。


意思の力で抑え込むことで、
食事制限を継続することも不可能ではないのですが、
大抵の人は強まる食欲を優先してしまいます。


リバウンドが起きるのは、脂肪を溜め込みやすくなっている体に、
短期間で大量の食事を摂ることで、体重が一気に増えるからです。



ダイエットをする時は、
リバウンドという体の仕組みをよく理解した上で、
正しい方法で進めること
が大切です。